おはようございます!

スタッフブログ担当のホッターです(*’ ‘*)

 

最近、夕方になるとジャングルのスコールのような土砂降りになる日が続いています。

先日はその落雷で電車が遅延し、帰れなくなるかと思いました( ̄▽ ̄;)

 

さて、今日のテーマはコレ!

『POPパターンの雲型の書き方』をお伝えします!

 

お気軽にお声かけ下さいのPOPの写真

 

あの雲型って、初めて描いたとき、もうびっくりするほど描けませんでした。

 

でも、吹き出しPOPはぜひとも取り入れてもらいたい形なのです〜!!

というのも、この形、人が喋りかけているような感じるのです。

しかも、日本は漫画が大好き!吹き出しに文字が書いてあると、

まるで漫画のセリフのように感じて、POPを見てもらいやすくなるんです!

 

  • 書き方の手順1★POPのサイズと、吹き出し口の方向を決めよう。

 

これは、全てのPOPに共通することですが、大きすぎても小さすぎても残念なことになりますので、ここは重要です!

雲型は、口があるのが特徴です。

右、左、真ん中の下、など、どこに吹き出し口がほしいのかも決めましょう!

 

  • 書き方手順2★最初に描くのは、口から!

 

マーカーは何色でも大丈夫です♪

今回は夏っぽくブルーにしました(●´`●)

 

吹き出し口の写真

 

多分、初めて雲型を描くとき、もくもくのところから描きませんでしたか?

私はもくもくから描いてたんですが、

実は、吹き出しの口のところから描くと、上手くいくことが分かりました。

口を描くことで、バランスが取りやすくなります。

 

これは人によると思いますので、皆さんが書きやすい手順でいいと思います♪

 

吹き出し雲形POP完成の写真

 

できたーーーー!!(⌒▽⌒)

 

ここで1番重要なのは、上手な雲型にならなくても良い!ってことなんです!

何度も書きますが、お客さまに見てもらいたいのは、文字!

キレイな雲型ではないのです〜(^ ^)

 

吹き出しPOP例の写真

 

吹き出しが難しい…!!けど雲型が描きたい!方は、

こちらの形がオススメ♪

使ってみてねのPOPの写真

 

必ず自分で書かなくても、吹き出し型の付箋やカードが売っているので、

それらを活用するのもとっても便利ですよ♪

 

今日も読んでいただきありがとうございます!
ちなみにこの雲型の書き方は、
YouTubeの「POPの学校チャンネル」にも公開予定なので楽しみにしててね♪

 

では、今日もいってらっしゃいです!(^^)/

 

 


POPの学校公式アカウント始めました♪

友だち追加
お友達登録して、右下のメニューボタンを押すと、何かが聞こえる……!?