おはようございます!
スタッフブログ担当のホッターです(^^)/

 

食欲の秋。
店頭にはいろいろなお弁当やパン、スイーツ、お惣菜、カップ麺などが並びますよね。

 

というわけで、今日のテーマはこれ!

食べ物のPOPに

「おいしそう!」と感じる言葉を書こう!

 

お昼ご飯を買いに来たお客さまたちは
何に「おいしそう!」と感じて買っていってるのかな?
とついつい、考えていたホッターですが……。

 

先週のナガイ先生のコトPOPコピー教室でそんな私の考えに
1つの回答がありました!

 

それはオノマトペを書くこと!

 

  • オノマトペって何?

 

「もちもち」「つるつる」

これは擬音語や擬態語と言われるものなんですが、
ザックリ言うと、これがオノマトペ。

普段から私たちも使っていますね!

 

タピオカのオノマトペはもちもち

 

例えば、「ほくほく」と「ほこほこ」
これ、口にほおばったときの感覚がちょっと違いますよね?

 

どちらも「温かい食べ物なんだな」という事はわかりますが、
この4文字だけで、
食べ物のおいしさや食感
温度や硬さなど
いろんな情報を一発で伝えることができます。

4文字なのに
この情報量はすごい!!

これなら、忙しいお客さまにもPOPを見た瞬間に伝わりますね!

 

  • 例えば、具体的にどんな言葉があるの?

 

いきなり「オノマトペを書こう!」と言われても
「???」ですよね(;^_^A

 

オノマトペの紹介
●「ほかほか」「あつあつ」→おでん・肉まん
●「とろーり」「とろとろ」→プリン・チーズ
●「カリッ」「サクッ」→クッキー・揚げ物
などなど。

 

他にも、オノマトペの本なども調べてみました。

kotopop_onomatope

ぬおーーー。

おいしそう!

この本は「スタッフの推薦図書」のコーナーでも紹介しています!

 

見にくくて申し訳ありませんが……

こんなにリストも。

(オノマトペオンリーではないですが、参考までに☆)

kotopop_onomatope2

 

 

オノマトペは、自分で創作してもOK♪

「パキポキ」「ふわふわぁ~ん」
など、歯触りや口の中に入れたときの触感が想像できませんか?(≧▽≦)

 

あんまり創作しすぎちゃうと
お客さまに伝わらないこともありますので、
スタッフに「この言葉、食べたときの感触、伝わる?(笑)」
と聞いてみても良いかもしれません。

明日は、オノマトペを使ってPOPを書きますね!

 

今日もここまで読んでくださり
ありがとうございます!

いってらっしゃいです!(^^)/

 

_____________________

LINE@配信中です!

友だち追加

「POPの学校」とお友だちになりませんか(^^)

_____________________